ドナルド・キーンについて

執筆活動のご案内

プロフィール近況執筆活動のご案内

出版物

  • 出版
  • 雑誌への掲載
  • 新聞への掲載

 

11月25日発行『混沌と抗戦(三島由紀夫と日本、そして世界)』(国際三島由紀夫シンポジウム記念論集:水声社)に「“没後四十五年「棹友」対談” ドナルド・キーン×徳岡孝夫」「“三島由紀夫の面影” ドナルド・キーン×宮本亜門」が掲載されています

『「現代の文学」月報集』(講談社文芸文庫 5月10日発行)に、「大江健三郎とワイセツ文学」が掲載されています。

『わたしの<平和と戦争>』(集英社 6月10日発行)に、「日本軍の暴虐が自決を招いた」が掲載されています。

『AJALTA』NO.39(公益財団法人 国際日本語普及協会)に、「私とことば」が掲載されています。

『文藝春秋』7月号に、「ソフト帽をかぶった啄木」が掲載されています。

The People and Culture of Japan―Conversations Between Donald Keene and Shiba Ryotaro―Translated by Tony Gonzalez Japan Publishing Industry Foundation for Culture March 2016
(司馬遼太郎との対談『日本人と日本文化』の英訳)

『谷崎潤一郎全集 第18巻』月報に、“「猫と庄造と二人のをんな」のこと”が掲載されています

『東京大学「教養学部報」精選集-「自分の才能が知りたい」ほか教養に関する論考』(東京大学出版会)に、「翻訳について」が掲載されています

『簔助伝』(渡邉肇写真集有限会社diapositive)に、日本語と英語で「吉田簔助のこと」が掲載されました

『戦後70年 にっぽんの記憶』(読売新聞取材班著)に、“伝統忘れた日本に「怒」” が掲載されました

『石川啄木』(角地幸男訳 新潮社)が、2月25日に発行されました

宮本亜門演出「ライ王のテラス」のプログラムに『「三島由紀夫の面影」ドナルド・キーン×宮本亜門:対談』が掲載されました

デイヴィッド・ルヴォー演出「エターナル チカマツ」のプログラムに『「日本の演劇」と「近松の世界」デイヴィッド・ルヴォー×ドナルド・キーン:対談』が掲載されました

『ド・ローラ・節子のきもの暮らし(欧州で生きる和の心の物語)』に、「春の雪~鬼怒鳴門(キーン ドナルド)先生のこと」が掲載されました

『繁栄と混迷の戦後70年』(時事通信社 編著)に、「戦後70年に寄せて」が掲載されました

『Indigo:Tanka Poetry Collection』Mariko Kitakubo(北久保まりこ著 Shadba Press)に、英語と日本語で序文が掲載されました

『明るい人生』(愛知県教育振興会発行の中学三年生の道徳の教科書)に「私が日本人になった理由」が掲載されています。

『遷宮』第六十二回神宮式年遷宮 全記録 写真(宮澤正明、枻出版社)に、随筆「伊勢神宮と私」が掲載されています。

『高峰秀子かく語りき』(文藝春秋)に、対談 「 “青い目”の見た日本さまざま」が掲載されています。

日本サマランカ大学友の会会報サルマンティーノNo.44に、「対談 ドナルド・キーンVS林屋栄吉」が掲載されています。

『日本を、信じる』(瀬戸内寂聴、ドナルド・キーン、中央公論新社 文庫本)が2月25日に発行されます

『記録された記憶 東洋文庫の書物からひもとく世界の歴史』(東洋文庫遍、山川出版社)2月28日発行に帯文を寄稿しています

『ドイツ大使も納得した、日本が世界で愛される理由』(前駐日ドイツ大使 フォルカー・シュタンツェル著 幻冬舎)1月10日発行に、帯文が掲載されています

『時代を刻んだ貌 田沼武能写真集』(株式会社クレヴィス)60頁に狂言<千鳥>の写真が掲載されています

国立文楽劇場 文楽公演(十一月)番付に、随筆「文楽と私」が掲載されています

『国語六 創造』小学校教科書 光村図書に、「かなえられた願い ―日本人になること」が掲載されています

『うるわしき戦後日本』ドナルド・キーン、堤清二(辻井喬)著(PHP新書)が11月28日発行されました

『日本―喪失と再起の物語(下)』デイヴィッド・ピリング著(早川書房)10月25日発行に、帯文を寄稿しています

『九代目 松本幸四郎』中村義裕著(三月書房)9月9日発行に、帯文を寄稿しています

『ドナルド・キーン わたしの日本語修業』(白水社 ドナルド・キーン 河路由佳 共著)が9月30日に発行されました。

「ドナルド・キーン(世界に誇る日本文学者の軌跡)」(河出書房新社)が2月28日に発売されました。

『ドナルド・キーン「おくのほそ道」を語る・第七回奥の細道文学賞受賞作品集』(草加市自治文化部文化観光課編)が2月1日に発売されました。

『キーン先生をかこんで』(鎌倉文化研究会)が2013年12月25日に発売されました。

「日本文学史 古代・中世篇六」(中公文庫)が11月25日に発売されました。

「正岡子規」の英語版「THE WINTER SUN SHINES IN:A LIFE OF MASAOKA SHIKI」がCOLUMBIA UNIVERSITY EXPRESS 発行されました。

「日本の作家222 横尾忠則」(日本経済新聞出版社)に巻頭文「日本文士の肖像―横尾忠則」を寄稿しています。

「ドナルド・キーン著作集 第八巻 碧い眼の太郎冠者」(新潮社)が8月25日に刊行されました。

「日本文学史 古代・中世篇四」(中公文庫)が7月25日に刊行されました。

「日本文学史 古代・中世篇三」(中公文庫)が5月25日に発行されました。

「ドナルド・キーン著作集 第七巻 足利義政と銀閣寺」(新潮社)が5月25日に発行されました。

NHKBSプレミアムで渡邊あゆみさんのインタヴューにより放映された人物ドキュメント、「私が日本人になった理由(日本語に魅せらせて)」(PHP)が5月2日に発行されます。

5月19日発行「別冊太陽 伊勢神宮(悠久の歴史と祭り)」に「伊勢神宮と私」が掲載されています。

「日本文学史 古代・中世篇二」(中公文庫)が3月25日に発行されます。

3月25日発行「大学文化資源の情報発信(演博改革の10年 鳥越館長の時代)」早稲田大学演劇博物館編(八木書店)に「鳥越文藏先生と早稲田大学」が掲載されています。

3月22日発行「上方芸能今昔がたり(昭和の舞台覚書)」(岩波書店)に「青い目の太郎冠者 ドナルド・キーン」が掲載されています。

ドナルド・キーン著作集 第六巻「能・文楽・歌舞伎」が1月25日に発行されました。

「日本文学史 古代・中世篇一」(中公文庫)が1月25日に発行されました。

「日本文学史 近代・現代編九」(中公文庫)が2012年11月25日に発売されました。

「ゼロからわかる!図説 百人一首」(株式会社 学研パブリッシング)<<逢うことと 別れること>>が2012年11月3日に発売されました。

「ドナルド・キーン著作集 第五巻 日本人の戦争」(新潮社)が2012年8月25日に発売されました。

ドナルド・キーン先生著「正岡子規」(新潮社)が2012年8月30日に発売されました。